男性と同一成分で不感症を改善

ラブグラとは、性交時に膣が潤わず乾燥している状態の為に挿入中に痛みが起こる事や気持ち良いと思う事が出来ずオルガズムに達する事が出来ず性交に嫌悪感を抱く事や欲求を満たす事が出来ない事に苦痛を感じてしまう様な不感症の症状を治療する為に用いる女性用バイアグラとなり、性交一時間前に内服する事がで上記の様な症状を改善する事が出来るとされ女性の方の性生活を充実したものにしてくれる医薬品とされています。
ラブグラの成分は男性の方が内服するバイアグラと同一のシルデナフィルとなり用量は100mgとなる事から体格が小さい日本人女性は半分にカットして50mgの投与でも十分とされており、国内で承認されている用量を超えているので医療機関での処方や勿論、市販薬として購入する事も出来ないとされているので購入するには国外からの取り寄せとなります。
女性用バイアグラとしてラブグラの販売は行われていますが、中身は男性の方と同一となるいので作用自体が異なる事は無く、投与する事で酵素の一つで有る5型のホスホジエステラーゼを阻害する効果を齎し、それにより体内で分泌が行われるNO中に含まれているcGMPと呼ばれる血管の周囲にある平滑筋を緩める物質が活発になる事で血液の循環を良くし膣や陰核あるいは外陰部等へ多量の血液が流入する事で感度を高めたり、膣分泌液の分泌量が増加し膣全体に潤いを与えてくれるとされ不感症を改善する事が出来るとされています。
不感症の原因の多くは女性が冷え体質であると考えられており、血液の循環が悪い事で起こると考えられているので上記作用は血行を促進する事で冷えの改善にも繋がるとされており、国外では女性用バイアグラでは無いものの成分シルデナフィルを用いた女性の方を被験対象者として臨床試験を行った所、女性器が潤い、リビドーの亢進やオルガズムに達しやすくなるという報告も出ているので症状を療治させる為に本剤は有効と考える事が出来ます。